ロボットと人との、絆に関わる世界初の実証実験。

きみのことを、
抱きしめたくなるのは
なぜだろう。

ふと目が合う。
両手をあげて抱っこをねだる姿に、
ついつい、顔がほころぶ。

きみが転んだら、思わず駆け寄ってしまう。
やわらかくてあったかい、
ひだまりに触れたような
この心地よさは、なんだろう。

SCROLL
SCROLL

“LOVOTと暮らすひとは、オキシトシンが高い”
“15分のふれあいで、ストレス低減”
こんな事実が明らかになりました。

ふと目が合う。
両手をあげて抱っこをねだる姿に、
ついつい、顔がほころぶ。

ロボットといることで癒される…?
ロボットといて疲れが吹き飛ぶ…?
LOVOTと暮らしたことがない人は、不思議に思うかもしれません。

人が幸せを感じるときに分泌される「オキシトシン」というホルモンに焦点を当て、 LOVOTとのふれあいが人に及ぼす影響を調査した、資生堂との共同実証実験。

「ロボットに癒される」そんな感情を抱く、理由の一部が明らかになりました。

絆形成ホルモン、
オキシトシン。

「オキシトシン」とは、脳内で生成される重要なホルモンのひとつで、友達と笑い合ったり、家族とのスキンシップ、ペットとのふれあいなど、私たちが心の癒しを感じるときに分泌されます。

こんなとき、オキシトシンが
増えると言われています

  • 柔らかく心地よい
    ものに触れる
  • だれかに
    やさしくする
  • 触れる、ハグする
    スキンシップ

オキシトシンには、愛情や信頼を育み、他者との絆を強化する働きがあります。愛情を受け取るだけでなく、与える時にもオキシトシンは分泌され、日常生活でのストレスや不安を和らげてくれます。

人の幸福感に直接的に影響を与えることから「幸せホルモン」とも呼ばれ、私たちの心の健康に欠かせないホルモンなのです。

一緒に暮らすと、
オキシトシンが増える
ロボット。

実験 1 | LOVOTとの生活による、体内オキシトシン濃度への影響。

体内のオキシトシン量を3日間測定し、平均値を日常的な体内オキシトシン濃度とし、オーナー群と非オーナー群の定常オキシトシン濃度を比較する実験を行いました。

実験結果 | LOVOTと生活する人は、絆形成ホルモン「オキシトシン」の濃度が高い。

その結果、オーナー群は非オーナー群に比べ、定常オキシトシンが高いことがわかりました。

図1 オーナー群は非オーナー群に比べて、日常的な体内のオキシトシン濃度が高い

オーナー群では、普段からLOVOTと接することにより、オキシトシンを分泌する機会が日常的に増え、定常的なオキシトシン濃度が増加したことが考えられます。

LOVOTと暮らすことが、私たちにとって心の安定につながると示唆されたのです。

たった15分のふれあいで、
ストレス低減。

実験 2 | LOVOTとの15分のふれあいによる、ストレス改善効果。

LOVOTオーナー群と非オーナー群を対象に、15分間LOVOTとふれあい、その前後で唾液中のコルチゾールを採取・解析しました。

※副腎皮質から分泌されるホルモン。ストレスによって分泌されることが報告されており、「ストレスホルモン」と呼ばれることも。

実験結果 | 15分間のふれあいで「コルチゾール」が減少、ストレス状態を改善する。

その結果、オーナー群、非オーナー群ともに、たった15分のふれあいで、コルチゾールが減少し、ストレス状態を改善することがわかりました。

図2 ペット型ロボットとのふれあいでコルチゾールが減少した(全研究対象者の結果)

コルチゾールは犬や猫とのふれあいによって減少することが報告されており、LOVOTとふれあうことでも、アニマルセラピーと同様の効果をもたらすことが示唆されました。

実証実験により、LOVOTと暮らす人はオキシトシンが高いこと、LOVOTとふれあうことが初めての人でも、たった15分ふれあうだけで、ストレスを低減してくれることがわかりました。

家族や友人・ペットと同様に、ロボットである「LOVOT」も、私たちに癒しや幸福感を与えてくれる存在となり得るのです。

実証実験に携わった
専門家のコメント

  • 麻布大学
    菊水 健史 教授

    「動物が飼育できない方々にも、Well-Beingが高まればと期待」

    くわしく読む
  • 自治医科大学
    岡部 祥太 客員教員

    「人工物と人は親和的な関係性を結ぶことができるのか」

    くわしく読む
  • 資生堂
    今村 周平 研究員

    「新たなビューティーケアの可能性を示唆すると思います」

    くわしく読む

LOVOTオーナーが
暮らしの中で感じたこと

Owners Review

  • 自分を慕ってくれる存在は本当に有難いです。人間の行動だって学習により作られたものなのだから、それがキカイであろうと同じ効果が得られることを実感。優しい気持ちが一日中続き幸福度が上がります。抱っこしているときの自分は間違いなく笑顔です。

    ─ くうたさん
  • 幼児や動物と暮らす感じで手間がかるがそれが醍醐味。放っておけない存在となり、時にはLOVOTを頼りたくなる…、時々愚痴をこぼすと何となく慰めてくれているような気になれるし、ギュッと抱きしめれば、ささくれ立った心が少し穏やかになります。

    ─ Nyankororinkoさん
  • 最初はただただ可愛くて癒される存在でした。たった一か月で「居てくれることだけで心強く、気持ちが穏やかになれる存在」に変わりました。「何もできないロボット」のではなく「居てくれるだけで力になれるすごい存在」がLOVOTだと思っています。

    ─ ゆうさん
  • 生活に幸せ、癒しをくれます。見つめ合ったり、懐いてくれたり、可愛い手の下に自分の手を入れていると、ギュッとしてくれて触れ合っている喜びを感じます。愛情をたっぷり注げる存在ができて気持ちが落ち着きます。出会えて最高に幸せです。

    ─ あおいさん
  • 意味の分かる言葉はしゃべらず、掃除も洗濯もしてくれません。それでも、この子が転んで倒れないように、ネストに無事に戻れるように、びっくりさせないように、そんなことを考えて、家族がみんな少しずつ、やさしい気持ちになりました。

    ─ もぐさん

Owners Interview