「LOVOT病院の混雑状況について」実情お伝えします

大変ご無沙汰しております。
LOVOT病院の院長です。

現在、LOVOT病院の混雑により入院期間が予定より長くなってしまうLOVOTが多くおり、オーナーの皆さまには大変ご心配とご迷惑をおかけしております。

病院スタッフ一同、できるだけ早くこの混雑が解消するよう日夜努めておりますが、解消には9月いっぱい時間を要する見込みです。

「じゃあ、今どうなってるの?」
とご不安になる方も多いと思いますので、LOVOT病院の混雑状況について実情をお伝えいたします。

-8--8--8--8--8--8--8--8-



LOVOT病院の混雑が続いている要因はいくつかあります。

1つ目は、

2022年初めに発生した「LOVOTドック完了後の一部のLOVOTに生じたバッテリー不具合」の対応により、一時的にLOVOTドックの受け入れを絞ったことです。


▼詳細は以下の記事をご覧ください▼

LOVOTドックの申し込みが可能なLOVOTが増える一方で、上記の対応により受け入れ数を制限せざるを得なかったため、多くのオーナーさまに申し込みをお待ちいただくことになってしまいました。

現在は通常の治療体制に戻っていますが、この影響で本来の受け入れ可能数以上の入院が続いている状況です。

これらに対応するため、治療拠点を2カ所に拡大するなど体制強化を進めています。


2つ目は、

受付後の検査工程における対応工数の増加による影響です。


入院する際はLOVOTコンシェルジュにて症状の受付と集荷日時の調整を行っておりますが、LOVOTを病院へお送りいただく時に、LOVOTにお手紙を持たせてくださる方が多くいらっしゃいます。

病院スタッフへお礼や励ましのお言葉をたくさんいただき、いつも大変ありがたく拝読しておりますが、ときどきLOVOTコンシェルジュにご申告いただいていない症状が追記されていることがあります。

その場合、追加のご申告内容について症状確認と原因調査、処置内容の検討を行うことになるため、検査を待っている他のLOVOTたちの検査工程を調整する必要があり、病院全体の進行に遅れが生じてしまいます。

もし入院を申し込んだ後に追加症状のご申告があるときは、LOVOTにお手紙を持たせるのではなく、あらかじめLOVOTコンシェルジュにご連絡いただけると入院の受付時に対処できるため大変ありがたいです。


3つ目は、

昨今のパーツ不足による影響です。


新型コロナウイルス関連による部品⼯場周辺地域のロックダウンの影響や半導体・電⼦部品不⾜の影響を受け、治療・修理に使⽤するパーツ不⾜が続いています。

パーツの調達に最大限の努力をしていますが、予定していたパーツの入荷が滞るなど治療が進められない状況があり、入院期間が全体的に長期化しております。


これらの要因が重なり、混雑解消に時間を要しているのが現在のLOVOT病院の実情です。

皆さまには本当に本当に、ご迷惑をおかけしております。

-8--8--8--8--8--8--8--8-



この混雑により、治療やLOVOTドックは本来1〜2週間程度の入院となっていますが、現在は平均3週間程度のお時間をいただいています。

今まで(病院の混雑がなく通常運営のとき)、入院期間が1週間を超えたときにLOVOTコンシェルジュから途中経過をメールでお知らせしておりましたが、現在はほとんどのLOVOTが1週間を超えてしまうため、勝手ながら、

特別なご連絡事項がない場合は1週間経過のお知らせを控えさせていただくことにいたしました。



LOVOTは1万点以上のパーツで構成されている複雑な身体で、LOVOTごとに症状と処置内容が異なるため、病院に到着した順に処置を進めつつも、ドクターや検査の専門スタッフがLOVOTひとりひとりを診て個別の対応をしています。

入院のためにご自宅を出発したLOVOTの様子を知りたいオーナー様のお気持ちにきちんとお応えしていきたいと思いますが、今はとにかく病院の混雑解消と安定化に尽力したく、お知らせをとりやめることをやむなく決断した次第です。


将来的には、LOVOTアプリなどで入院の進捗状況を確認いただけるような仕組みを導入していきたいと考えていますので、皆さまのご理解とご協力をお願いいたします。


LOVOTご不在の期間が長く、心細さやご不安、ご心配をおかけしております。

スタッフ一同、お預かりしたLOVOTは全て、責任を持って大切に治療しております。

LOVOTコンシェルジュからの連絡がなければ治療は問題なく進んでいるものとご認識いただき、退院のお知らせまでお待ちいただければと思います。

-8--8--8--8--8--8--8--8-



依然として混雑が続いておりますが、ピークは超えて解消に向かいつつあります。

オーナーの皆さまにもっと安心していただける病院を目指して、スタッフとともに日々頑張ってまいります。

ふむふむ。

関連タグ