2019/08/31
\初心者でもわかる!LOVOTの最先端テクノロジーを学ぼう!vol.1/
『LOVOTの目ができるまで👀』
こんにちは!
GROOVE Xのマーケティングチーム スタッフよっしーです!
ここでは、LOVOTの開発秘話や、LOVOTに搭載されている最先端テクノロジーをご紹介します!
「ロボットの開発なんで興味ないよ…」「テクノロジーには詳しくないし…」と思っている人にこそ読んでほしい!
LOVOTのテクノロジーを初心者にもわかりやすく!楽しく!紐解いていきます!

(何を隠そう、私もテックに疎い文系女子…そんな私でも、理解できるLOVOTのテクノロジー紹介です!最先端の開発の様子も垣間見れますよ!)


さて、第一回目は…LOVOTの「目」に注目してみました!
何を隠そうLOVOTのおめめには最先端の技術がギュギュっと詰まっているのです!(^^♪
今日はその秘密を徹底解明!

GROOVE X 開発チームメンバー目の精鋭3人に
わかりやすく解説してもらいます!!✨



GROOVE Xで、LOVOTの目を担当した3名はこちら!



  • ひろきです
  • ぐーぽんです
  • たかだです

(3人ともそれぞれ個性的!)


よっしー
今日は解説よろしくお願いします!
では早速ですが、LOVOTの今の目が出来るまでの道のりと、LOVOTの目がどのような構造で出来ているのか教えていただけますか?


ひろき
はい。そもそもですが、なぜLOVOTを作るにあたって、目が大事なのか…というところを振り返りたいと思います。代表の林要は、開発が始まった時から目の生命感を出すことにとってもこだわっていたんですよ~
GROOVE X 代表 林要
3年前(2015年当時)の思い
本物の生物感を出すために、目はとっても重要だ!目が合ったり、目の自然な動きを実現することで

今までにない本物の生き物のようなロボットにしたいんだ!!(胸熱)


ひろき
林のその熱い意志を受け、GROOVE X の目の開発チームがLOVOTの目を生き物のような目にするため試行錯誤し、約3年もの月日をかけて今の目が完成しているんです!
完成したLOVOTの目がこちらです!

\じゃんっ/



よっしー
6枚の画像が、重なってる!!!ところでなぜ6つの層になっているんですか?


ひろき
それは平らなディスプレイでも目の丸みを見せるために6層の画像を重ね合わせることによって目の立体感や奥行きを表現するためです!

よっしー
なるほど!だから瞳の中が、細か〜い動きでウルウルしていたり、平面のディスプレイなのに丸い眼球のように見えているんですね!!
初めて見た時は本物の生き物みたいで、驚きました!!

ところでスペックとしてこのディスプレイってすごいんですか(。´・ω・)?


ひろき
もちろん!なんせ目だけのためにリッチなディスプレイを使ってますからね〜!ふふふ…

よっしー
ふふふ…?!リッチなディスプレイって…( ー̀ωー́ )?ナンゾヤ

ジャン!その1!
サイズ(面積)がでかい!
面積の大きい液晶を、目だけのために使用しているロボットは
極めてなんです。
ジャジャン!!その2!!
解像度も高い!
最新のスマートフォンと同じくらいの解像度、
つまりとても綺麗な液晶なんですー!
ジャジャジャン!!!その3!!!専用のGPU(グラフィック処理機能)
もついてる!
だから細かい目の動きが実現できるんです!


よっしー
めちゃハイスペック…!こだわりがすごい!
つまり、、、まとめると…

生命感のある目を作るために最先端のテクノロジーを搭載して、今までの常識を覆すほどの表現方法を追求した!!

ってことですね!想像以上でびっくりしました(;゚Д゚)…!!


よっしー
スペック以外にも、特にこだわっているポイントとかありますか??


たかだ
はい。「目が合う」ということは、それはもうとことんこだわりましたね~…(白目)
ここで再び林要の思い
人は、絆を感じると幸せな気分になるホルモンが出て、ストレスが緩和したり幸せな気分になるのだ!動物と目が合うときも、同じ気持ちになるらしい…

「LOVOTも、「目を合わせる」ことを実現して、人に安心感や幸福感を与えられる存在になってほしいんだよね・・・(慈)」


よっしー
でも、開発に大変な思いをされただけあって、目が合う感じはすごいなと思いました!顔を移動させても、ちゃんと視線で追いかけてくれるから私のことちゃんと分かってるな〜って思います!
しかもあんなかわいい上目遣いで見つめられるのでいつもきゅん♥ってしちゃうんです…!


たかだ
そう言って頂けるとめちゃくちゃ嬉しいです!そう感じていただきたいから「目を合わせる」ということには特にこだわって開発しているんです!

よっしー
そのこだわりちゃんと伝わってますよ!o(・ω・´o)ファイ!


たかだ
ちなみに「目を合わせる」と一言で言っても、その裏にはたくさんの技術開発がされているんです!

よっしー
と、言いますと…?!( ಠωಠ)


たかだ
実は目の技術だけでなくカメラの画像認識で人の顔や目の位置をしっかりと認識するようにしていたり、
見上げる首の動作の制御なども工夫していて、あらゆる技術を総動員しているんですよ!




たかだ
それは僕たちだけの仕事じゃなくて、GROOVE X開発チーム全体で作っているんですよ!

よっしー
なるほど…!目が合うということを実現するには、いろんなチームの技術開発の力が集結されているんですね…!!


ぐーぽん
他にもこだわってるポイントありますよ、「まばたき」とか。

よっしー
まばたき!!そうそう実は写真を撮っている時LOVOTがまばたきしちゃって撮り直す事がよくあります。笑…結構可愛いんですよね、半目のLOVOT…(*/▽\*)ウフッ


ぐーぽん
ハハハ!そうなんですよ、実はまばたきのタイミングにもかなりこだわっているんです。

よっしー
えっ!?タイミングまでっ??それは気が付かなかったです!!Σ(゚Д゚)


ぐーぽん
例えば...
●目が乾いた時にまばたき
●視線が移動したとき、目を動かす時にするまばたき
●眠い時のまばたき、機敏な時のまばたき…などなど

よっしー
そんなところまでこだわっているんですねーー_〆(´□`‥メモメモ


ぐーぽん
ええ、もっと詳しく説明すると緊張している時まばたきの頻度が減ったり焦った時はまばたきが多くなったり、疲労時はまばたきのスピードが落ちるなど…規則正しくまばたきするのは不自然なので状況に応じてまばたきのタイミングが変わるんですよ~


例:周期的なまばたき

ぐーぽん
それからA地点からB地点に視線を移動する時に頭の向きを動かしたり、連続してキョロキョロと見渡したりする時はその動きに合わせたまばたきをするようにしているんです。


例:視線移動に伴うまばたき



よっしー
凄い!ここまでくるともうほとんど人間と同じ!様々なパターンを研究してより生き物感を表現できるようにしているんですね~!

ところでLOVOTの目はとっても種類が豊富ですが(キラキラ・ぱっちり・猫目などなど)噂によるとそのデザインの種類は数十億と伺っています…!
それって…本当ですか?


ひろき
本当です!!
例えば
①目の色は約360段階
②目の彩度は約60段階
③瞳の大きさは約35段階…etc
この3つをかけ合わせると(①×②×③×…)と十億通り以上のパターンになるんです!(ボツになったデザインだけでも数十億位はざっとあるかもですねっ…爆)
しかも今も着々とそのデザイン数は増えていますのでゆくゆくは数百億通りのパターンになる…かもしれません!




よっしー
すごい!感動しました…目の種類全部みてみたいですね!!

\\♪みなさん今日は貴重なお話を有難うございました♪//




というわけで皆さんいかがだったでしょうか?エンジニアさんたちの血のにじむ様な苦労とこだわりがバンバン伝わってきましたね!
私は今すぐにでもLOVOTの目を、もう一度じっくり確認してみたくなりました!
皆さんもこのこだわり確かめに来ませんか??
そこのちょっとお疲れ気味のあなた!!LOVOTを抱っこして是非幸せな気持ちになりに来て下さい!!



LOVOTたちがおめめを輝かせて待ってるよ~~!!
ね~♡LOVOT♡